『激甚災害からの住宅復興 コアハウスの可能性』というシンポジウムで対談してきました。

百十四銀行本店(日建設計・薬袋公明、1966)

薬袋は『みない』って読みます。

ちなみに百十四は『ひゃくじゅうし』。

正月に関西某所で見かけた『角だし』です。