10月31日~11月6日にタイのバンコクへ調査に行ってきました。

コンドミニアムの管理について、住民やメンテナンス会社、Juristic Personと呼ばれるコンドミニアムの管理団体にお話を伺ってきました。

s_img_0310

初めてのトゥクトゥク。

 

 

バンコクでは、鉄道開発に伴いコンドミニアムの開発が進んでいて、至る所で建設が行われていました。

s_img_0018

見学したコンドミニアム。このほとんどが、単身者や二人暮らし向けの小さい部屋です。

子供が生まれると戸建てやタウンハウスに移り住むのが常識であること、セカンドホームとしての需要が多いといった理由から、バンコク都心部では狭小な部屋の供給が多くなっています。

 

 

若年層のライフスタイルが変化しているというお話を聞きました。

車を買うか?都心の良いコンドミニアムを買うか?に考え方が分かれるそうです。

kinfolk-kinfolk-magazine-volume-4_1

コンドミニアムを選ぶ人々の間で流行っているのがこちら。ポートランド発のライフスタイル雑誌。

『豊かで丁寧な暮らし』を提案しています。

車を運転しない人が多く、都心のコンドミニアムでの生活を選ぶというわけです。バンコクのコンドミニアム市場では、彼らが新たなターゲットになっています。

 

大学構内で見かけたセブンイレブン。隙間があれば入り込む感じ、いいですね。

s_img_0245

 

最近開通したパープルラインに乗って、終点まで行ってきました。

s_img_0388

他の路線との接続が悪く、その駅間は無料のシャトルバスで移動しました。

これにはバンコクの人も不満があるらしく、あまり利用されていない印象を受けました。

 

終点は、ざ郊外!という感じです。

同じような家が軒を連ねています。都心のコンドミニアムばかり見ていたので、郊外での暮らしが新鮮に感じられました。

s_img_0399

近寄ってみました。隣の家と壁を共有しているタウンハウスです。

案外セキュリティーがしっかりしていそうです。

郊外に住み車で都心に通勤している人の暮らしを垣間見ることができました。

s_img_0406

 

初めて訪れたタイ、全てが新鮮に感じられてとても面白かったです。

次回のブログ更新も乞うご期待!

 

住宅部品調査です。二連ちゃん。

s_img_1381

img_4542

のいっ。