教員

権藤 智之(ごんどう ともゆき)

1983年 香川県生まれ

2011年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了 博士(工学)

2011年~13年 日本学術振興会特別研究員PD@芝浦工業大学

2013年~17年 首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 建築学域 准教授

2017年4月~ 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 特任准教授

専門分野:建築構法、建築生産

○ 査読付論文・発表

権藤智之、上橋由寛、松村秀一:「近年の沖縄県における木造住宅生産に関する研究」、『日本建築学会計画系論文集』、第75巻第647号、pp.193-200、2010年1月

権藤智之、松村秀一:「木造軸組構法住宅の基礎・床組部材の材質・断面寸法の変遷」、『日本建築学会計画系論文集』、第75巻第653号、pp.1673-1678、2010年7月

権藤智之、金善旭、金容善、蟹澤宏剛:「近年の韓国における木造住宅生産に関する研究 2000年代以降の木造軸組構法に関連した動向」、『日本建築学会計画系論文集』、第78巻第688号、pp.1347-1354、2013年6月

松村秀一、権藤智之、佐藤考一、森田芳朗、江口亨:「プレハブ住宅メーカーの住宅事業開始初期の技術開発に関する研究」、『日本建築学会計画系論文集』、第78巻第693号、pp.2307-2313、2013年11月
金善旭,権藤智之,金容善,蟹澤宏剛,韓国・全羅南道の木造住宅振興における制度および住宅の特徴 幸福村事業における木造住宅生産に関する研究(その1),日本建築学会計画系論文集,第29巻第697号、pp.755-761,2014年3月

金善旭,権藤智之,金容善,蟹澤宏剛,韓国・全羅南道の木造住宅振興における制度および住宅の特徴 幸福村事業における木造住宅生産に関する研究(その1),日本建築学会計画系論文集,第29巻第697号、pp.755-761,2014年3月

金善旭,権藤智之,金容善,蟹澤宏剛,韓国・全羅南道における木造住宅生産主体の特徴:幸福村事業における木造住宅生産に関する研究(その2),日本建築学会計画系論文集,第80巻第714号、1807-1813,2015年8月

権藤智之,蟹澤宏剛,志手一哉,金容善,ベトナム・ハノイ市におけるペンシル住宅生産の実態調査,日本建築学会技術報告集,第24巻第56号,397-402, 2018年2月

多幾山法子,井立直人,陳昕岩,讃岐亮,権藤智之,松本真澄,青木茂,日本建築学会構造系論文集、第83巻第748号、2018年6月(採録決定)

岡安大地,蟹澤宏剛,権藤智之,金容善,ベトナムにおける日韓の生産方式に関する比較研究,第30回建築生産シンポジウム論文集,pp.85-90,2014年7月

志手一哉,権藤智之,金容善,吉川來春,蟹澤宏剛,シンガポールの建築生産システムに関する研究-日韓6プロジェクトへのヒアリングを通じて-,第31回建築生産シンポジウム論文集,pp.137-144,2015年7月

渡辺千晴,権藤智之,蟹澤宏剛,志手一哉,金容善,岡安大地,ベトナムにおける町場の建築生産システムに関する研究,第31回建築生産シンポジウム論文集,pp.161-166,2015年7月

高辻慶太,蟹澤宏剛,松村秀一,権藤智之,松下克也,川崎淳志,工業化構法住宅の生産性向上に関する研究,第31回建築生産シンポジウム論文集,pp.259-266,2015年7月

高辻慶太,蟹澤宏剛,松倉裕貴,権藤智之,松村秀一,松下克也,工業化構法住宅の生産性向上に関する研究―その2 外部工事を中心とした工程管理の改善―,第32回建築生産シンポジウム論文集,41-46,2016年7月

西夏美,志手一哉,蟹澤宏剛,権藤智之,金容善,前川剛範,松本有未子,生産性向上に向けた制度設計に関する研究―シンガポールを事例として―,第32回建築生産シンポジウム論文集,217-222,2016年7月

前川剛範,蟹澤宏剛,志手一哉,権藤智之,金容善,西夏美,松本有未子,シンガポールの建設業における外国人労働者受け入れ制度に関する研究,第32回建築生産シンポジウム論文集,257-262,2016年7月

権藤智之:「標準仕様との一致度に着目した木造軸組構法の変遷過程分析」、『2009年度日本建築学会関東支部研究報告集 審査付き研究報告集5』、pp.145-148、2010年9月

権藤智之:「沖縄県における近代建築の構法的特徴に関する研究 ―ムーンビーチについて―」、『DOCOMOMO Japan NSC Technology 2008 in Kyoto』、pp.190-193、2008年5月

荒木康弘、鈴木香菜子、権藤智之、米澤修二:「等断面製材を用いた木造住宅建設システム開発に関する基礎的研究」、『住宅総合研究財団研究論文集No.37』、財団法人住宅総合研究財団、丸善出版株式会社、pp.201-212、2011年3月31日

戸田穣、権藤智之、平井ゆか:「建築構法学・構法計画学の成立・発展史の研究―オーラルヒストリーと文献史学による戦後住宅史―」、『住宅総合研究財団研究論文集No.39』、財団法人住宅総合研究財団、丸善出版株式会社、pp.249-260、2013年3月31日

権藤智之,蟹澤宏剛,金容善,金善旭,近年の韓国における木造住宅生産に関する研究-全羅南道・幸福村プロジェクトの木造住宅施工業者に注目して-,住宅総合研究財団研究論文集No.40,一般財団法人住総研,pp.165-176,2014年3月

Tomoyuki Gondo, Sunwook Kim, Yongsun Kim, Hirotake Kanisawa:「Comparative Study on Recent Wooden House System in Korea and Okinawa」、The 9th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA)、October 22 ~ 25, 2012、KDJ Convention Center, Gwangju, Korea

Sunwook Kim, Tomoyuki Gondo, Yongsun Kim, Kaori Fujita, Hirotake Kanisawa:「Study on Recent Wooden House System in Korea-Happiness Village Project」、The 9th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA)、October 22 ~ 25, 2012、KDJ Convention Center, Gwangju, Korea

Jo Toda, Tomoyuki Gondo:「Historical Review on The Concepts’ Evolution of Open Building Systems in Japan」、CIB w104 18th International Conference on Open Building、pp.346~355, November 19 ~22, 2012, Beijing, China

N. Takiyama, K. Hara, R. Sanuki, M. Matsumoto, T. Gondo and S. Aoki: An Exhaustive Survey for Renovating Facilities in Densely Built-up Wooden House Areas, Proceeding of The Eighth International Structural Engineering and Construction Conference, Sydney, Australia, Nov. 2015

Noriko Takiyama, Kohei Hara, Ryo Sanuki, Masumi Matsumoto, Tomoyuki Gondo and Shigeru Aoki: Vibrational Properties of Early Showa Period Billboard Architecture for Renovating Densely Built-up Wooden House Areas, Proceeding of The Ninth International Structural Engineering and Construction Conference, Valencia, Spain, July. 2017.

査読なしは60編程度

○ 著書

松村秀一、佐藤考一、森田芳朗、江口亨、権藤智之、箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言、彰国社、2013年11月

「ロフトの天井高」、権藤智之、規基準の数値は「何でなの」を探る 第3巻、2015年11月25日発行、建築技術、寺本隆幸ほか監修、p.383

○ 受賞

権藤智之:2008年日本建築学会優秀修士論文賞、「工務店が用いる木造軸組構法の変遷に関する研究」、日本建築学会、2008年9月

権藤智之:2009年度日本建築学会関東支部若手優秀研究報告賞、「標準仕様との一致度に着目した木造軸組構法の変遷過程分析」、日本建築学会関東支部、2010年3月

権藤智之:2012年日本建築学会奨励賞、「近年の沖縄県における木造住宅生産に関する研究」、2013年4月

都市住宅学会著作賞、「箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言」、2015年4月

日本建築学会著作賞、「箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言」、2015年4月

○ 学術雑誌等又は商業誌における解説、総説

権藤智之:「被災地の統計情報を集めて感じたこと」、『建築雑誌』、vol127、No.1632、日本建築学会、pp.12-13、2012年5月

権藤智之:「木造の現状と可能性」、『家とまちなみ第58号 特集沖縄の住宅地』、住宅生産振興財団、pp19、2008年9月

権藤智之:「工務店と沖縄の建築家」、『LUCHTA』、建築資料研究社、第1号、pp.07、2007年7月

権藤智之、見立竜之輔:「外装カーテンウォールの技術開発変遷(年表作成)」、『テクネ』、vol.2、pp.61-65、YKKAP、2007年10月

ヨコミゾマコト、山中新太郎、大田浩史、大村洋平、落合正之、金龍大、権藤智之、夏目翔平、見立竜之輔:「テクノロジーロマン第1回 ユニバーサリズムのオブセッション」、『10+1』、INAX出版、No.45、pp31―36、2006年12月

ヨコミゾマコト、山中新太郎、落合正之、権藤智之、夏目翔平、朝倉悟郎:「テクノロジーロマン第2回 リモコンな快楽」、『10+1』、INAX出版、No.46、pp27―32、2007年3月

権藤智之:「木造住宅30年を概観して」、『Journal of Timber Engineering』、Vol.24、No.2、p.98、2011.3

権藤智之:「識者が語るアジア進出の条件」、『日経ホームビルダー』、『アジアに売り込め日本の住宅』、2014年7月号、p.50、日経BP社、2014年6月22日

権藤智之:「プレカット 加工可能な寸法・形状」、『建築技術』、『特集機能とかたち 製作限界から生まれるディテール』No.776、2014年9月号、2014年8月17日

権藤智之:「木造住宅・建築とコンピュテーショナルデザイン」、2014年度日本建築学会大会(近畿)建築計画部門研究協議会資料、「コンピュテーショナルデザインは構法計画を再定義するか」、2014年9月、日本建築学会、pp.42-43

次代を担う学生現場訪問記 (仮称)新鉄鋼ビル建替計画、首都大学東京権藤研究室、建設通信新聞、2014年11月25日

権藤智之:「ロフトの天井高」、『建築技術』、『規基準の数値は「何でなの」を探るPart6』No.781、2015年2月号、2015年1月17日

権藤智之:「特集 沖縄建築のこれから」(特集全体の企画、pp.11~35)、「特集のことば 沖縄の知恵が持つ意味」(執筆、pp.12-13)、建築士2016年7月号、vol.65、No.766、2016年7月1日、公益社団法人日本建築士会連合会

権藤智之:日本の住宅生産と建築家 建築の設計と生産:その歴史と現在の課題をめぐって03、建築討論(インターネット)、2016年11月15日、日本建築学会

権藤智之:「特集 住宅部品の裏側」(特集全体の企画、pp.11~33)、「特集のことば 眠れる日本の住宅部品」(執筆、pp.12-13)、建築士2017年4月号、vol.66、No.775、2017年4月1日、公益社団法人日本建築士会連合会

権藤智之:「被災地域の建築産業の動向」、「東日本大震災合同調査報告 建築編9 社会システム/集落計画」、pp.87-94、2017年5月1日、日本建築学会

権藤智之:在来構法住宅にどう向き合うか、特集「造」と「材」、建築討論(インターネット)、2018年1月1日、日本建築学会

権藤智之:「特集 技術の置換」(特集全体の企画、pp.13~33)、「特集のことば なぜ技術の置き換えか」(執筆、pp.14-15)、建築士2018年1月号、vol.67、No.784、2018年1月1日、公益社団法人日本建築士会連合会

権藤智之:EXHIBITION PAFF(PROJECTILE ACOUSTIC FIBRE FOREST、展覧会の解説)、新建築、2018年2月号、p.15、2018年2月1日、新建築社

○ 学会・社会貢献等

日本建築学会木造建築構法小委員会委員(2016年4月から主査)

日本建築学会各部構法小委員会委員(~2015年度)

日本建築学会建築生産小委員会委員(2017年4月から幹事)

日本建築学会構法計画運営委員会委員

日本建築学会論文集委員会委員(2016年度、2017年度幹事)

日本建築学会関東支部建築計画研究専門委員会委員(2018年3月まで)

日本建築学会関東支部建築生産研究専門委員会委員(2017年9月より幹事)

関東地方整備局営繕事務所総合評価審査分科会委員(2016年度~)

日本建築士会連合会会誌編集委員会委員(2016年度~)

一般社団法人日本木材輸出振興協会木材輸出検討委員会委員(2015年度~)

一般社団法人木を活かす建築推進協議会木造技能者育成検討委員会委員(2016年度~)

一般財団法人日本建築センター日本の近代・現代を支えた建築技術100選WG委員

昭和女子大学非常勤講師(2012年度)

芝浦工業大学非常勤講師(2012年度)

東京都市大学非常勤講師(2012年度)

慶應義塾大学非常勤講師(2016年度)

首都大学東京非常勤講師(2017年度)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です